斎藤と申します。鋭いかは分かりませんが、できるだけ短めに別角度のツッコミを。

On Fri, 28 Mar 2008 01:52:09 +0900
Masahiro TANAKA <masa16.tanaka / gmail.com> wrote:

>   (2) CやFORTRANの複素数型をラップした、実部・虚部がdouble型の複素数クラス

上記案は、互換性の観点では鵜呑みにするのは難しそうですが、それ以外の点でも
あまりうれしくないかもしれません。というのも、そこまでしなくても

>  a. 速度で格段に有利。

になり得るからです。(sizeof(VALUE)*8 == 64bitマシン限定ですが) 笹田さんが
以前からおっしゃっていて、先日発表なさった「Float埋め込み」がマージされれば
「何もしなくても」現状のComplexのままで高速になると思います。

Complexインスタンス本体は include/ruby/ruby.h で

struct RComplex {
    struct RBasic basic;
    VALUE real;
    VALUE image;
};

と宣言されていますが、笹田さんの方法ですと既存のRubyスクリプトのみならず、
API (DOUBLE2NUM()/RFLOAT_VALUE()) を利用してFloat(== double)を利用している
Cプログラムもすべて、その高速化の恩恵にあずかれるからです (よね?)。

# 上記Float高速化のマージ以前にも、Complex/Rationalを特化命令を対応させて
# 高速化を期待する方法もあります。よね…

もう一つ、

>  c. 拡張ライブラリからアクセスしやすい。

というのは
  double d = RCOMPLEX(val)->real;
と書ける(かもしれない)から、ということと解釈してよろしいのでしょうか。

もし上記についてならば、マクロを定義して
  dobule d = RCOMPLEX_REAL(val);
とすれば、自分は十分にアクセスしやすく感じますし、タイプ数は逆に減ります。

また1.8と比べて、1.9ではRFOO(obj)でキャストするマクロを用いて直接構造体の
メンバを読み取るのは、非推奨になる流れのただ中だと思います。せっかく
統一的なインタフェースが一斉に作られようとしている時に「RFOO(obj)->member」が
必要ならば、「例外的に扱う必要がある」という意味でアクセスしにくく感じます。

よって c にはあまり説得力がないと思うのですが、どうでしょうか。
(自分の解釈が間違っているなら、それがまず悪いので御指摘いただけるとありがたい
です ^^;)

-- 
斎藤ただし