Complexが組み込みになるそうですが、これはcomplex.rbを踏襲して、

  (1) 実部・虚部として、任意の数値(実数)オブジェクトを所有する複素数クラス

となるようですが、別の実装として、

  (2) CやFORTRANの複素数型をラップした、実部・虚部がdouble型の複素数クラス

とすることも考えられます。(2)の利点として、

 a. 速度で格段に有利。(組み込みを要望する理由の1つに速度があると思います)
 b. C,FORTRANと同じであり、Pythonでも後者で実装されているので、
    仕様を参考にできる。
 c. 拡張ライブラリからアクセスしやすい。

などがあります。複素数は科学技術計算でよく使う型で、
そういう使い方からすれば(2)の方が求められます。
逆に、(1)を組み込みにする利点が思い浮かばないのですが、
(2)でなく(1)を組み込みにする理由とは何でしょうか?

田中昌宏