前橋です。

From: ttate / jaist.ac.jp
Subject: [ruby-dev:3371] Re: sample of TkFont class
Date: Thu, 23 Jul 1998 09:21:22 +0900

> tadf>>文房具屋さんで売られている領収書ってありますよね。そこに好きなように書
> tadf>>きこめますが、どの頁も書式は同じですよね。それは便利でいいんですが、あ
> tadf>>まり融通がきかないので、いっそ真っ白なものがあったらいいのじゃないかと
> tadf>>いう考えはないのだろうかということです。
> 
> わかるような、わからないようなと言う所です。(^^;
> 結局領収書では単なる紙になってしまうわけですよね。
> それらなTkToplevelと同じような気がしますが、どうでしょう?

本当に白紙が必要なら TkToplevel でしょうね。でも、TkDialog のサブクラス
を作って、変えたいところだけ変えるというので大抵用は足りるでしょう。

> tadf>>本来は、フォントやら色づかいやら、直接に指示するのじゃなくて、リソース
> tadf>>として管理しつつ、  利用者の好きにできるようにすべきなのかと思うのです
> tadf>>が、Ruby/tk でそのようなことはできるでしょうか。
> 
> Tcl/Tk(wishの方)にもともとリソースというもの
> があるかというと無いような気がします。

tk に option というコマンドがあり、これで X のリソースを制御できます。
ruby/tk なら TkOption です。