永井@知能.九工大です.

>>>>> "M" == Takahiro Maebashi <maebashi / iij.ad.jp> writes:
M> ruby-1.1c0 の tk.rb, tkfont.rb ですが、いくつか問題点と気になるところが
M> あります。
M> 1. TkFrame
M>    -class オプションを指定することができない。-class は widget 生成時に
M>    しか指定できないため。

確かに忘れていました.
-class, -colormap, -container, -visual の 4 個ですね.

M> 2. TkToplevel
M>    これは -class, -screen が指定できるようになっているが動かない。
M>     s.push "-screen #@screen" if @screen 
M>     s.push "-class #@classname" if @classname
M>    が良くないので、
M>     s << '-screen' << @screen if @screen
M>     s << '-class' << @classname if @classname
M>    とすれば良さそう(動作未確認)。

確かにその通りです.しかも,中途半端でしたね.
こちらは -class, -colormap, -container, -screen, -use, -visual 
の 6 個ですね.

M> 3. TkFont
M>    バージョンや日本語化 Tk かを if や case で場合分けしていますが、せっ
M>    かく ruby なので polymorphism を使った方が「らしい」と思います。

う゛,確かにそうですよね.(^_^;
とりあえずこちらは今後の課題ということで.;;;^_^;;;

# 誰かが改良してくれるのが一番嬉しいんですが.(^_^)

-- 
                                         永井 秀利 (九工大 知能情報)
                                             nagai / ai.kyutech.ac.jp