遠藤です。

07/12/07 に Tanaka Akira<akr / fsij.org> さんは書きました:
> 経緯としては、まず open-uri の仕様として (public な) open メ
> ソッドの話があり、それから to_path や to_open があります。
>
> 私の理解するところでは (現状が以下のようになっているとは限り
> ませんが) 次のような違いがあります。

ご説明ありがとうございました。


勘違いしてたらすみませんが、ブロックの処理というのは
  if block_given?
    begin
      return yield(fd)
    ensure
      fd.close
    end
  else
    return fd
  end
というくらいだと思うのですが、to_open を導入までしてこの処理を
Kernel.open にやらせたい理由がよくわかりませんでした。

また、to_open の活用法は、ちょっと考えただけだと Uri#to_open と
トリッキーな遊びくらいしか思いつかないんですが、他にも何か応用が
あるんでしょうか。

あと、現在 Uri#to_open が実装されていない (ですよね?) のは、
何か理由があるんでしょうか。単に手が足りていないだけ?

-- 
Yusuke ENDOH <mame / tsg.ne.jp>