前田です。

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、Rubyの普及と発展
を目的とするRubyアソシエーション(http://www.ruby-assn.org/)
という法人を設立しましたので、ご報告します。

近年、ビジネスにおけるRubyの利用が拡大していますが、企業によ
ってはRubyの採用に対してまだまだ不安の声があります。
Rubyアソシエーションの活動を通じて、そういった企業にも安心し
てRubyを採用いただけるような環境を整備したいと考えています。

一方で、これまでRubyに関わって来られたみなさんの中には、そう
したビジネス側の動きが今のRubyの良さを壊してしまうことを危惧
されている方もいらっしゃるかと思います。
Rubyアソシエーションとしては、Ruby自体の開発について、今まで
通りRubyの開発者およびユーザ個人個人の意見を尊重しつつ、最終
的にはまつもとさんの独断で決定を行うプロセスが、今後も望まし
いと考えています。

たとえば、Rubyのソースコードの著作権をこの法人が保有するとい
ったことはありませんので、その点についてはご安心ください。
仮にRubyアソシエーションが解散することになったとしても、Ruby
自体には影響しないような形で活動します。

また、Rubyアソシエーションでは収益事業も行う予定ですが、何ら
かの形で収益をRubyに還元したいと思っています。
たとえば、これまでネットワーク応用通信研究所が提供してきた各
種のインフラは、今後Rubyアソシエーションに移管していきます。
また、開発合宿の開催や、イベント開催の支援なども行っていきた
いと思っています。
他にも「Rubyのためにこんなことをして欲しい」といったご要望が
ありましたら、info / ruby-assn.orgまでご連絡ください。

-- 
前田 修吾