遠藤です。

> 親子関係を利用したプログラミングをしている場合、「親子関係の
> 破壊を起こさなければ」、Fiber#prev が正しく「呼び出し元」を指
> し示すため、SemiCoroutine のような使い方が可能です。

今の Fiber で「親子関係を壊さない範囲」というのはものすごく
狭いと思います。coroutine の中で coroutine を呼び出して
suspend を受けるだけで違反してしまいます。

ささださんの Generator の例も、generator の中で
generator を呼ぶと違反している気がします
(ちゃんと追ってないので勘違いだったらすみません) 。

show Generator.new{|g|
 g.yield 10
 show Generator.new{|g2|
   g2.yield 100
   g2.yield 200
   g2.yield 300
 }
 g.yield 20
 g.yield 30
}


$ ./test.rb
100
200
300
./test.rb:31:in `initialize': unhandled exception
        from ./test.rb:79:in `new'
        from ./test.rb:79:in `<main>'


親を自力で管理して、Fiber.new のブロックの最初で

  @parent = Fiber.prev || Fiber.root

で親を保存して、 / fib.suspend の代わりに

  @parent.yield

をすれば動いたような気がしますが、まだ間違ってる気がします。
Fiber.new のブロックの最後でも @parent.yield しないとダメな気も
しますが、今のところ動かない例は見つけられていません。あと、

g = Generator.new{|g|
 g.yield 10
 g.yield 20
 g.yield 30
}

Fiber.new do
  show g
end.yield

が何も出力されないというよくわからない挙動をしますが、
これも Fiber をよくわかってないことが原因の「不思議なこと」でしょうか。


> 余談ですが、現在の Ruby の Continuation は欠陥品で、まともに
> 利用できないシロモノです。具体的には、dynamic-wind 相当の機能
> がありません。なので、「xx の代わりに Continuation を利用」と
> いう選択肢はありえないと考えています。

これは、対等な関係は必要なのかなぁ、といういい加減な気持ちから
適当言いました。すみません。
ちなみに Lua の開発陣?の例の論文によると、semi-coroutine で
coroutine をエンコードできると主張されてました。
# 補助 coroutine を立ち上げて、TRANSFER するときは全てその
# 補助 coroutine を介して呼ぶ感じです。トランポリン?


dynamic-wind についてはお察しの通りよくわかってませんが、例えば
「ブロックを取るメソッドを書くとき、そのメソッドを使う人が
callcc でブロックの中に飛び込むようなことをしたときの対策が
とれない」ってことでしょうか。

callcc は (楽しい楽しい) 黒魔術なので、そういうときは callcc
使用者側の責任だと思っています。あいまいなスタンスですが、外部
ライブラリなしの状態で SEGV しなければ十分かなー、みたいな。

# 私に関しては、普段のプログラミングでは callcc 使いません。
# ぶっちゃけ「おもちゃ取るな!」というレベルの主張です。すみません。


> 個人的には、「主観的な感想」ではたぶん説得力がない気がするの
> で、実際にいくつか現実的な例を出して、プログラミングをしてみて
> から考えるのがいいような気がしています。

ごもっともですが、下手に他の言語で十分練られた設計があるなら
それを盗むのも手かと思わなくもないです。

-- 
Yusuke ENDOH <mame / tsg.ne.jp>