おひさしぶり、MoonWolfです。
退院は出来たけれど社会的な復帰にはまだ時間がかかります^^;


"Akinori MUSHA" <knu / iDaemons.org>:
>  Ruby 1.8.6 をリリースしました。

お疲れ様でした。

> 
>  ソースファイルは以下のURLで取得できます。3種類のフォーマット
> から選んでください。
> 
>   ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.6.tar.bz2
>   ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.6.tar.gz
>   ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.6.zip

bz2を用意した意図はなんですか、bz2しか使えないといった
シチュエーションが思い浮かばないのですが。

READMEに書いてあるmatz / netlab.jpは適切なアドレスですか?
まつもとさんはruby-devなどではmatz / ruby-lang.orgをつかっている
ようなので、そちらのほうがいいかと思います。

>  本リリース後は、 1.8.7 の開発とは別に「ruby_1_8_6」ブランチで
> 致命的な不具合とセキュリティ脆弱性の修正に絞った保守が行われ、
> 都度パッチリリースが公開されます。1.8.6 へのアップグレード後は
> そちらのチェックもお願いします。
1.8.7への開発以外に1.8.6へのパッチレベルのリリースと1.8.5への
パッチレベルのリリースも行われるのですか?
1.8.5へのパッチレベルのリリースをやめるのであれば期限などを
明記して1.8.6以降への移行をうながすといいと思います。