卜部です。

Yukihiro Matsumoto wrote:
> 何を入れるか決定するのも卜部くんの担当だと認識していますが、
> 1.8.5に対して「例の一行パッチのみ」であれば、previewは不要で
> しょう。個人的にはもう一行当ててほしいのですが、それは別便で
> 連絡します。
>   

えーと、いずれにせよ、一件のバグ修正に対しては一個のパッチレベルが消費さ
れるべきと思います。

さて、となると複数のバグが連続して見つかった場合とかにリリースをどうする
べきかという話なのですが、

(1) 面倒でもそれぞれ毎回リリースする。アナウンスも毎回出す
(2) 全部まとめて単一のリリースにする。アナウンス一回
(3) CVS/SVNにはそれぞれのタグを付けるがリリースは一回で行う
(4) 複数のリリースを同時に出すけどアナウンスは一回でまとめる

くらいの選択肢がありそうです。(1)はユーザーに面倒を強いるかもしれませ
ん。(2)は個人的には嬉しくないです。(3)はリリースのtar玉の番号が連番では
なくなってパラノイアには気になります。(4)は作業量が(1)に比べてあまり減ら
ないので(卜部が)面倒です。という、それぞれに長短ありそうなのですが、どう
するのがいいでしょう?

個人的には(3)か(4)かなあ。