前田です。

URABE Shyouhei wrote:
> [ruby-dev:29755]で神戸さんも御指摘のように、いまの1.8ブランチは*BSD文
> 化圏でいうところのいわゆるSTABLEに相当する状態だとわたしも認識していま
> す。これをRELEASEに相当する状態(か、それに類似するもの)に変更しようと
> いうのがこのメールの提案の趣旨です。これは
> - - trunk : CURRENT
> - - 1.8.5 : STABLE
> から
> - - trunk : CURRENT
> - - 1.8.6 : RELEASE
> - - 1.8.6-p1 : RELEASE + patchlevel 1
> にしようという提案であり
> - - trunk : CURRENT
> - - 1.8.6 : STABLE
> - - 1.8.6-p1 : RELEASE
> ではない、という点には御注意ください。

1.8.5リリース時点からブランチを切って上記の作業をするわけではないので
しょうか?

個人的には、1.8.5の(とくに脆弱性についての)バグフィックス版がほしい気が
するのですが、それならPATCHLEVELを導入するのも手かなあという気がします。
1.8.6はまだフリーズされてないのでこれから準備するのは結構大変そうです
が、1.8.5ベースならわりとスムーズに準備できそうに思います。
# 1.8をフリーズしてしまった方が1.9系の開発を進めるためにはいいような
# 気はしますが、微妙なところですねえ...。

> (2) API変更停止
> 以下に述べるPATCHLEVELの修正をのぞくすべての変更を凍結します。具体的には
(snip)
> - - test/以下の全てのファイル

バグを修正する時は、本来はテストも修正するべきだと思うのですが、そう
いう修正については許容されますか?

-- 
前田 修吾