Ruby 1.9に、
named captureの結果を名前で参照する機能と、
/g, /G オプションを追加して良いでしょうか?

Hal Fultonからメールが来て、
これらの機能について質問があったのですが、
どちらも実装されていないと答えるのも寂しいので
入れたくなりました。
まだ実装はしていません。
--
小迫