高橋征義です。

Yukihiro Matsumoto <matz / ruby-lang.org> wrote:
> |これって動作検証のみなら(人間向けのドキュメントは除く)、CVSから
> |とってくるtarball以外で間に合ったりするのでしょうか?  そうで
> |なければ、リリースのやりかたを知ってる人はまつもとさん以外に
> |いるんでしょうか。
> 
> previewで作るものはstable-snapshotと同じものです。スクリプト
> は違うけど。
> 
> |# でも、これってdarwinのOpenSSLを除いてみんなYAMLのせい?
> 
> YAMLはテストが古いんだそうです。whyが作業中。
> 
> |ついでに、もう1.8.3はfeature freezeされている、すなわち
> |bug fix以外commitされない、ということでいいのでしょうか。
> 
> はい。

であれば、今月末リリースならこんな流れでしょうか。
# もうちょっと早くor遅く、ということであれば日付をいじってください。

〜9/18ごろ?  whyがYAMLのテストを直す
             リリース間近なことを各ライブラリのメンテナにアナウンス
               最終preview版での動作検証をよろしくね、と伝える
             各プラットフォームごとの動作検証をする人を募集→決定
             最終preview版を作る人募集→決定
             ドキュメント書く人を募集→作成
                1.8.2からの差分(日・英)
             リリースアナウンス告知担当者募集→決定
             各メディア(? /.Jとか?)向けプレスリリース担当者募集→決定

9/20ごろ?    preview、というよりruby-1.8.3-rc1.tar.gzをリリース
             (基本的にはruby-1.8.3.tar.gzと同じはずのもの)
             (pよりrの方が大きいから問題ないですよね?)
             各プラットフォームでの動作検証実施

9/26とか27とか?
             必要であれば ruby-1.8.3-rc2.tar.gzをリリース

9/29?       リリースするかどうかを決定
             リリースするならアーカイブファイル作成

9/30?       リリース
             各方面にアナウンス

高橋征義 (Masayoshi Takahashi)   E-mail: maki / rubycolor.org