藤本です。

From: 藤本尚邦 / FUJIMOTO Hisakuni <hisa / imasy.or.jp>
Subject: [ruby-dev:2682] Re: experimental release 1.1b9_21
Date: Tue, 19 May 1998 01:29:31 +0900

> > 前田です。
> > 
> > PPC/Intelでシンボルのexportの仕方が違うために、まだ拡張
> > モジュールのダイナミックリンクには対応していないのですが、
> > このあたりはどうしましょう>藤本さん。
> 
>   う〜ん、どうしましょう。

  これについて木坂さんから直メールで説明して頂きました。

> 1.1b7 を x86 対応にしたときは
> 
> PowerPC 用	DLDFLAGS="-f ruby.exp"
> x86 用		DLDFLAGS="ruby.def"
> 
> ってな感じにしました。 x86 用は DLDFLAGS に ruby.def を書くのではなく、
>  DLDFLAGS="" にして、リンクする object に ruby.def を加えるのが真っ当な
> やり方でしょうが(^^;。

  さらに

> ただし、ここの ruby.def は win32/ruby.def とは別物
> です。 ruby.exp の一行目に EXPORTS って書いただけのものです。

ということだそうです。
  僕はconfigureについてよくわかってないのですが、host_osがbeosなら
host_cpuを見て、例えば

  PowerPCのとき  DLDFLAGS="-f beos/rubysym.ppc.exp"
  x86のとき      DLDFLAGS="beos/rubysym.x86.def"

というような感じにconfigureを書けるでしょうか?rubysym.*は
win32/ruby.defから自動生成するなどして作ることにして..

=============================================================
 藤本尚邦  FUJIMOTO Hisakuni                hisa / imasy.or.jp
=============================================================