高橋征義です。

Yukihiro Matsumoto <matz / ruby-lang.org> wrote:
> In message "Re: [ruby-dev:25600] Re: irb history saving feature is not in ruby 1.8"
>     on Mon, 31 Jan 2005 00:46:49 +0900, Hidetoshi NAGAI <nagai / ai.kyutech.ac.jp> writes:
> 
> |> 1.8.3のリリース予定は4月です。直前になってあわてることのない
> |> ように。
> |
> |となると,preview1 は 2 月下旬くらいでしょうか?
> 
> 3月になるかもしれません(リリースは4月頭とは限りません)。

参考に、

  NetBSD開発者ドキュメント: リリース工学: リリース工学の手順
  4.4 NetBSDリリースを作成する方法
  http://www.netbsd.org/ja/developers/releng/release-process.html

で紹介されているリリーススケジュールをまとめてみました。

第0週: リリースサイクルの始まり
         アナウンスと日程の設定
第1週: スナップショットの正当性チェック
         各環境でのフルリリースビルドと機能確認
第2週: リリースの枝の作成と機能の凍結
         ブランチ作成、アナウンス
第3週: 最初のベータリリース
         スナップショット作成と配布
第4週: 致命的でないバグの修正を凍結
         リリースエンジニアの許可ない変更は致命的なものを除いて禁止
         ベータリリース作成の指示
第5週: 二つ目のベータリリース
         リリースとアナウンス
第6週: コードの凍結
         リリースエンジニアの許可ない変更は全て禁止
第7週: 最終のソースへタグ付け
         最終リリース作成の指示
第8週: リリース
         最終バイナリのリリース
         2日後にアナウンス


さて、クリスマスリリースに対抗するには、やっぱりはなまつり
(潅仏会)リリースしかないでしょう。ということで、上記の流れに
従い、(勝手に)4/8にリリースすることにすると、以下のような
日程になります。

2/06-2/12: リリースサイクルの始まり
2/13-2/19: スナップショットの正当性チェック
2/20-2/26: リリースの枝の作成と機能の凍結
2/27-3/05: 最初のベータリリース
3/06-3/12: 致命的でないバグの修正を凍結
3/13-3/19: 二つ目のベータリリース
3/20-3/26: コードの凍結
3/27-4/02: 最終のソースへタグ付け
     4/06: 最終バイナリリース
     4/08: アナウンス

なんと、ちょうど明日からですね(<自分でもついさっきまとめて
みてはじめて気づいたり)。

こんなスケジュールはいかがでしょうか?>まつもとさん

高橋征義 (Masayoshi Takahashi)   E-mail: maki / rubycolor.org
いやまあなんでまつもとさんが仏教に合わせる必要があるのか、
という根本的な疑問はありますが。