In article <7FDFAE92314B914B9BC9401982DD1D7A034A8021 / tkoexc11.asiapacific.cpqcorp.net>,
  "Akiyoshi, Masamichi" <akiyoshi / hp.com> writes:

> VMSにはforkはないですけど,この際なんか代わりになるものをぐりぐり作ってもいいかなぁと思っています。
> 私もstdioの違いに悩まされてるので,stdioやめるためならそれぐらい...。 :-)
> 1.9にとりかかれるようになったら何とかしたいと思います。

手間をかけていただけるというのはありがたい限りです。

ただ、やはり popen/pclose 自体は使えるようにしておいたほうが (VMS に限
らず) 無難ではないだろうかと感じているので、VMS の popen について教え
てください。

* popen で作った FILE 構造体から fileno で取り出した file descriptor
  を使っても問題ないでしょうか?

  f = popen(...);
  fd = fileno(f);
  read(fd, ...) や write(fd, ...)
  pclose(f);

* 双方向 popen は動くでしょうか?

  f = popen("...", "r+");
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]