こんにちは。

NetBSDのpkgsrcはSunOS(Solaris 2.X)やLinuxもサポート対象としています。
ruby 1.8.1ベースにするときに、これらでの動作確認も行ってみました。

pkgsrcはデフォルトでは /usr/local の代わりに /usr/pkg を使用する関係で、
librubyの共有ライブラリは「非標準」の場所に置かれることになります。こ
のため、ld.so.confや環境変数に /usr/pkg/lib を追加するといった対処が行
われる場合がありますが、リンク時に共有ライブラリのパスを埋め込んでおく
ことで、このような対処なしで動作可能となります。

[ruby-dev:12513]からのスレッドで libruby.so に関する修正と考え方は同じ
です。後述のパッチは的外れや余分な変更まで含んでいるかもしれませんが、
取り敢えず「動いた」状態のものです。(solarisについては、libruby.so で
はなく、libruby.so.major を参照するようにもしています。)

こういった変更は、どんなもんでしょうか?  (何か副作用があるのでしょうか?)

-- 
神戸 隆博(かんべ たかひろ)		at 仕事場 

$NetBSD: patch-ab,v 1.2 2004/11/29 08:20:06 taca Exp $

--- configure.orig	2003-12-25 04:21:24.000000000 +0900
+++ configure
@@ -13729,6 +13729,12 @@ echo $ECHO_N "checking whether OS depend
 	osf*) 		: ${LDSHARED="ld -shared -expect_unresolved \"*\""}
 			rb_cv_dlopen=yes ;;
 	linux*) 	: ${LDSHARED="$CC -shared"}
+			if test "$rb_cv_binary_elf" = yes; then
+			    LDFLAGS="$LDFLAGS -Wl,-export-dynamic"
+			    DLDFLAGS="$DLDFLAGS "'-Wl,-soname,$(.TARGET)'
+			    LIBPATHFLAG=' -L%1$-s'
+			    RPATHFLAG=' -Wl,-R%1$-s'
+			fi
 			rb_cv_dlopen=yes ;;
 	gnu*)   	: ${LDSHARED="$CC -shared"}
 			rb_cv_dlopen=yes
@@ -13744,6 +13750,7 @@ echo $ECHO_N "checking whether OS depend
 	netbsd*)	: ${LDSHARED='${CC} -shared'}
 			if test "$rb_cv_binary_elf" = yes; then
 			    LDFLAGS="$LDFLAGS -Wl,-export-dynamic"
+			    DLDFLAGS="$DLDFLAGS "'-Wl,-soname,$(.TARGET)'
 			    LIBPATHFLAG=' -L%1$-s'
 			    RPATHFLAG=' -Wl,-R%1$-s'
 			fi
@@ -14438,6 +14445,7 @@ if test "$enable_shared" = 'yes'; then
 	;;
     linux*)
 	LIBRUBY_DLDFLAGS='-Wl,-soname,lib$(RUBY_SO_NAME).so.$(MAJOR).$(MINOR)'
+	LIBRUBYARG_SHARED='-Wl,-R -Wl,${libdir} -L${libdir} -L. -l$(RUBY_SO_NAME)'
 	LIBRUBY_ALIASES='lib$(RUBY_SO_NAME).so.$(MAJOR).$(MINOR) lib$(RUBY_SO_NAME).so'
 	;;
     gnu*)
@@ -14468,6 +14476,13 @@ if test "$enable_shared" = 'yes'; then
 	LIBRUBY_SO='lib$(RUBY_INSTALL_NAME).so.$(MAJOR).'`expr ${MINOR} \* 10 + ${TEENY}`
 	;;
     solaris*)
+	SOLIBS='$(LIBS)'
+	LIBRUBY_SO='lib$(RUBY_SO_NAME).so.$(MAJOR)'
+	LIBRUBY_ALIASES='lib$(RUBY_SO_NAME).so.$(MAJOR).$(MINOR).$(TEENY) lib$(RUBY_SO_NAME).so'
+	if test "$GCC" = yes; then
+	    LIBRUBY_DLDFLAGS="$DLDFLAGS "'-Wl,-h,$(.TARGET)'
+	    LIBRUBYARG_SHARED='-Wl,-R -Wl,${libdir} -L${libdir} -L. -l$(RUBY_SO_NAME)'
+	fi
 	XLDFLAGS="$XLDFLAGS "'-R${libdir}'
  	;;
     hpux*)