酒井といいます。

ruby 1.9.0 (2004-12-01) で以下のプログラムを実行すると
no block given (LocalJumpError) となってしまうことに最近気づきました。

  def y
    yield
  end
  method(:y).call{ p :ok }         #=> :ok
  method(:y).to_proc.call{ p :ok } #=> no block given (LocalJumpError)

ブロックがブロックを受け取れるようになった現在では、
Method#to_procで作ったProcオブジェクトからメソッドyへと
ブロックが引き渡された方が自然ではないでしょうか。

--
酒井 政裕 / Masahiro Sakai