In article <1092036348.740460.28946.nullmailer / picachu.netlab.jp>,
  matz / ruby-lang.org (Yukihiro Matsumoto) writes:

> まつもと ゆきひろです
>
> In message "[ruby-dev:24040] Re: Process.daemon"
>     on 04/08/09, Tanaka Akira <akr / m17n.org> writes:
>
> |> ということから,実際に採用の際には daemon(3) がない場合には
> |> fork/setsid 等で実装するものと思っていたのですが,違うのでしょうか?
> |
> |違いません。fork/setsid による実装も含めることを想定しています。
>
> そうすると今度は/dev/nullのポータビリティが。

ふと思ったのですが、拡張ライブラリにするという手はあるかもしれません。
前例として pty は /dev/* にいろいろな仮定をおくというものがあります。

また、fork/setsid がなくてデーモン化できない環境では拡張ライブラリを作
らないこrequire 時点でデーモン化可能な環境かどうかをある程度判断できる
ようになります。これは、Process.daemon を組み込みで作った場合には今の
所うまく提供できない情報です。

ただ、拡張ライブラリとすると、Process.daemon という場所は座りが良くな
い気がしますから、Daemon.daemon にするか、いっそ Kernel.daemon にする
のはやりすぎかもしれないし、それなら feature 名を process/daemon とし
て Process.daemon にするか、などといった名前のところでちょっと悩むこと
になりそうですが。
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]