永井@知能.九工大です.

From: Tanaka Akira <akr / m17n.org>
Subject: [ruby-dev:24035] Re: Process.daemon
Date: Mon, 9 Aug 2004 11:22:40 +0900
Message-ID: <871xihgidu.fsf / serein.a02.aist.go.jp>
> > OS の差異などを気にせずにポータビリティが高いスクリプトを
> > 書くことができるのは非常に良いことだと思います.
> fork/setsid は Unix 上ではかなりポータビリティがあると思うので
> Process.daemon を作ってもさほどポータビリティが上るとは考えていなかっ
> たのですが、Process.daemon でポータビリティが上るのはどんなケースでしょ
> うか?

ごめんなさい.↓の話を勘違いして解釈してました.

From: Tanaka Akira <akr / m17n.org>
Subject: [ruby-dev:24030] Process.daemon
Date: Sun, 8 Aug 2004 01:00:30 +0900
Message-ID: <87isbvsztw.fsf / serein.a02.aist.go.jp>
> また、fork/setsid とか難しいこと (古い Unix も考えるなら、BSD と SysV
> での制御端末の切り離しかたとかなどの微妙な話) を知らなくてもデーモン化で
> きるようになるという利点もあります。つまり、4.4BSD/glibc で C で書くの
> と同じくらいデーモン化が簡単になるといえるわけで、そもそも現在の、C よ
> りも Ruby で書くほうがデーモン化が難しいというのは変ではないでしょうか?

いずれにせよ,余計なことを考えずに楽に書けるというのは
嬉しいと思いますから,賛成との意見は変りません.
-- 
                                         永井 秀利 (九工大 知能情報)
                                             nagai / ai.kyutech.ac.jp