まつもと ゆきひろです

In message "[ruby-dev:23399] Re: to_str再考"
    on 04/04/16, Tanaka Akira <akr / m17n.org> writes:

|> それで良いような気もします。そもそもなんでnilを返すかという
|> と、Stringでないもの(暗黙の変換が定義されていないもの)と比較
|> した時にはnilを返すという意図があるようなのですが(って自分で
|> そうしたんだけど)、そもそもここを区別する必要はないような気
|> もしてきました。falseでいいか。
|
|私は、その意図にはけっこう賛成なのです。
|
|String#== は比較されると想定されるものの範囲内では true/false を返し、
|想定外のものとの比較では nil を返すというわけで。

確かにそうなんですが、そもそもそのような区別は不要かもしれま
せん。「==」ってのは汎用の比較演算子ですから。これを一貫性を
持って想定外のものを与えるとかならずnilを返すという定義にし
ようとするとコストがかかるばかりで、それほど益はないのではな
いかと思います。

やっぱ、falseにしようか。