山本です。

DOSISH 対応と、FNM_PATHNAME を実装してみました。これにはあまり自信がないので、
dir.c としてではなく、単独のデバッグ用 C ファイルを置いておきます。
よろしければ試してみてください。

DOSISH なんですが、今まではパターンでも '\' をパスセパレータとして扱おうとして、エスケープと
競合していたので、試しに

  パターンでは、'/' のみパス区切り
  対象文字列では、環境に応じたパス区切りを使用できる

としてみました。これは [ruby-dev:22871] のまつもとさんの意見に反するように見えますが、
'/' を「パス区切りにマッチするマジック文字」とみなせば、抵抗も薄れる気がします。

移植性も確保できますし、DOSISH を矛盾なく実現するには、これしかない気がします。

場所は、http://www.ccsnet.ne.jp/~ocean/22972/ になると思います。