山本です。

型の違うポインタの変換を警告するよう、bcc32/Makefile.sub と bcc32/setup.mak を変更しました。

ただ、こうすると io.c が警告を出すようになります。(行番号はruby1.9.0の場合)

  .\io.c:
  警告 W8075 .\io.c 2377: 問題のあるポインタの変換(関数 rb_fdopen )
  警告 W8075 .\io.c 2381: 問題のあるポインタの変換(関数 rb_fdopen )

これは C++Builder5 側の落ち度で、fdopen(int, const char*) であるはずが、
fdopen(int, char*) と宣言していることによるものです。(stdio.h)

io.c に

  #ifdef __BORLANDC__
    file = fdopen(???, (char *)mode)
  #else
    file = fdopen(???, mode)
  #endif

としようかと思ったんですが、コンパイラ依存の分岐を io.c に書いていいものか
判断つきかねたので、そのままにしてあります。

あと、[ruby-dev:22892] はまだ入れてません。入れないほうがいいですか?バグじゃないし。