なかだです。

At Sun, 15 Feb 2004 01:15:40 +0900,
Yukihiro Matsumoto wrote in [ruby-dev:22886]:
> |>   * fork前にもう一本pipeを用意してサブプロセスでexecに失敗し
> |>     た場合にそのpipeを使って情報を伝達し、例外を発生する。
> |> 
> |> という機能の実装について考えてみてくださいませんか。「Perlで
> |> はやっている」と前から言われてるんですが、なかなか手がつけら
> |> れません。
> |
> |それは以前実装したような気するので、探してみます。

[ruby-dev:14195]だけだとやっぱり充分じゃなかったので、書き直し
ました。こういうことですよね。

  $ ruby -e 'p IO.popen("/no/such/file")'
  #<IO:0x4032eb4c>
  -e:1: command not found: /no/such/file
  $ ./ruby -e 'p IO.popen("/no/such/file")'
  -e:1:in `popen': No such file or directory - /no/such/file (Errno::ENOENT)
          from -e:1

  $ ruby -e 'p `/no/such/file`'
  -e:1: command not found: /no/such/file
  ""
  $ ./ruby -e 'p `/no/such/file`'
  -e:1:in ``': No such file or directory - /no/such/file (Errno::ENOENT)
          from -e:1

systemはどっちのがいいのかな。

http://nokada.jin.gr.jp/ruby/spawn-20040215.diff
http://nokada.jin.gr.jp/ruby/spawn-20040214-20040215.diff

>                                 モンスターは台で数えるのか

匹? 頭? 体?

-- 
--- 僕の前にBugはない。
--- 僕の後ろにBugはできる。
    中田 伸悦