In article <1073008993.440793.20765.nullmailer / picachu.netlab.jp>,
  matz / ruby-lang.org (Yukihiro Matsumoto) writes:

> 納得できます。でも、「バッファのフラッシュ」って最初に言った
> の田中さんじゃないですか。
>
> In message "[ruby-dev:22469] ARGF.each {|x| ARGF.eof? } and number of Ctrl-Ds."
>     on 04/01/01, Tanaka Akira <akr / m17n.org> writes:
>
> |最初の ^D は行バッファの flush なので

はい。フラッシュの意味が分からないと書いたのは、この flush とは違う意
味かも知れないという疑問を抱いたからです。

> |>   バッファのフラッシュで1度
> |>   バッファ内容をプログラムに送るので1度(最初のyield)

という記述ではフラッシュするのとプログラムに送るのに別の ^D が必要なよ
うに読めるのですが、それは私の意味する所のフラッシュとは違います。私の
意味する所のフラッシュは ^D ひとつでプログラムまでバッファ内容を送って
バッファを空にするものです。

> いや、単に疑問に思っただけですので。直そうと思ってはいません。

なるほど。

> |terminal と emacs のどちらを疑うかを選ぶなら、私は emacs を疑います。
>
> 「疑う」とはネガティブな表現でどちらかが間違っていることを示
> 唆しますが、私は「3度の原因はterminalにある」と推測しただけ
> なんで。

実環境での挙動とデバッガでの挙動が異なったら、基本的にはデバッガが間違っ
てると思います。少なくとも理想的なデバッガではないという意味で。
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]