mput です。

On Dec 25, 2003, at 8:17 PM, Yukihiro Matsumoto wrote:

> |これは [ruby-dev:22085] なんですが、どうすべきかなあ?

[ruby-dev:22085]の件は報告した方が混乱してていまいち訳が分からなくなっていますので、若干補足しますと、この修正はおもに  
mkmf.rb の have_library()  
が抱えていた問題を修正したつもりでした。つまり、ライブラリが標準サーチパス以外の場所に存在していた場合(そのパスが DLDFLAGS  
の中で与えられていても)、 have_library()  
の中でリンクフェーズでこけちゃって、どんなにがんばってもライブラリが見つからなくなってしまうのです。なので、

> |たぶん-Lだけ反映するのがいいんだと思うんだけど。

というのはたぶんそうだと思います。

> [ruby-dev:22080]の件はよくわかんないんですけど、configureに
> LDFLAGSを渡してrubyのコンパイルに反映されるのはともかく、拡
> 張ライブラリのコンパイルにまで反映されると思うのは過剰な期待
> ではないかと思います。

LDFLAGS と DLDFLAGS  
が分かれている理由は分かりました。当初の要求は「拡張ライブラリのコンパイルにフラグを渡したいときにはどうすればいいんだろう」というお話でしたの 
で、LDFLAGS が渡ってこなくても DLDFLAGS がちゃんと動いてくれるなら私はハッピーです。[ruby-dev:22085]は  
DLDFLAGS をちゃんと機能させるための修正のつもりでした。

> そのための--with-xxx-libではないかと。違う?

--with-xxx-lib って、 ruby の配布物の中に説明がありますか?

-- 
mput <root / mput.dip.jp>