こんにちは、なかむら(う)です。

In message "[ruby-dev:22289] mswin32 optimize"
    on Dec.15,2003 15:58:14, <tietew-ml-ruby-dev / tietew.net> wrote:
| [ruby-dev:14592] の話の掘り起こしなのですが,-Og (グローバルな最
| 適化) を有効にして make test および unit test が通ったので報告し
| ます。
| 
| ただ一カ所 stack_extend がインライン化されてしまう影響で 
| rb_thread_restore_context が無限ループに入ってしまう問題がありま
| したが __declspec(noinline) (インライン化抑止) で解決しました。
| 添付のパッチを参考にして下さい。
| 
| -Og を有効にすると明らかに速度アップするので是非。

OPTFLAGS 以外は(多少手を加えて)取り込みたいと思います。

状況から考えて、TietewさんはVC7で試していらっしゃると思います
が、VC6では -Og 自体にバグがあって、今回のパッチだけではうま
くいきませんので、OPTFLAGS は外部から指定してください ^^;


| P.S. こんな Failure が出たのですが [ruby-dev:22235] block to
| method by proc の影響?

そうです。


以下、念のために確認したいことです。

| +!if !defined(OS) || !defined(RT)
|  OS = mswin32
|  RT = msvcrt
| +!endif

ここで !if !defined(OS) || !defined(RT) でくくってるのはなぜ
でしょう?


| -LDFLAGS = -link -incremental:no -pdb:none
| +LDFLAGS = -link -incremental:no -debug -opt:ref -opt:icf -map

えーと、これも必要ですか?


それでは。
-- 
U.Nakamura <usa / osb.att.ne.jp>