On Thu, 4 Sep 2003 14:40:37 +0900
In article <20030904144033U.horinout / kurasc.kyoto-u.ac.jp>
[[ruby-dev:21330] eval and trace back]
Takeshi Horinouchi <horinout / kurasc.kyoto-u.ac.jp> wrote:

> eval を用いてメソッドを定義すると、その中で例外が上がるた場合、
> どこか分かりにくいので、バックトレースの表示がより親切になると嬉
> しいと思っています。
> 
> 例で説明します。
> 
> % cat eval_and_raise.rb
> def hello
>   no_thank_you
> end
> 
> eval <<EOS
>   def no_thank_you
>     raise
>   end
> EOS

eval <<EOS, nil, __FILE__, __LINE__+1
  def no_thank_you
    raise
  end
EOS

でファイル名と行番号を指定できます。



―[ Tietew ]――――――――――――――――――――――――――
 メ : tietew / tietew.net / tietew / raug.net / tietew / masuclub.net
ホペ: http://www.tietew.net/     Tietew Windows Lab.
      http://www.masuclub.net/   鱒倶楽部
指紋: 26CB 71BB B595 09C4 0153  81C4 773C 963A D51B 8CAA