In article <1041554769.892566.13140.nullmailer / picachu.netlab.jp>,
  matz / ruby-lang.org (Yukihiro Matsumoto) writes:

> あとは1.6.8との互換性チェック(どこがどのくらい変わっているか)
> をしないといけませんね。

ふと、1.6 で件のテストを動かして気がついたのですが、

% ruby16 -e 'def f() yield [*[[]]]; end; f {|x| p x}'
[]
% ruby16 -e 'def f() yield [[]]; end; f {|x| p x}' 
[[]]

というものがあるようです。

[*[[]]] は [[]] なのに、結果が異なるというのは非常に意外なのですが、こ
れってどういう仕組みになってるんでしょう?

% ruby16 -v
ruby 1.6.8 (2002-12-24) [i386-freebsd4.7]
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]