わたなべです。

nobu.nakada / nifty.ne.jp <nobu.nakada / nifty.ne.jp> writes:

> lib/mkmf.rb 1.111->1.112の修正を見て気づいたんですが、例によっ
> ておかしな変更をしてしまったようで、DLEXTとOBJEXTが等しい場合の
> この変換の結果は今全く使われてません。

ええ。
実はdjgpp/config.sedでなぜかDLEXT=oにしていたもんで、ここで
エラーになってしまいました。そもそもdlnが使えないんだからoで
もsoでも同じなので今回の変更でDLEXT=soにして、ここを通らない
ようにしてしまいました。なので、変更する必要もなかったんです
が、不注意でした。

>     for lib in $libs.split
>       lib.sub!(/-l(.*)/, %%"lib\\1.#{$LIBEXT}"%)
>     end
> 
> dln.cではdln_libs_to_be_linkedが-lでも同じように解釈するように
> なってるようなので、逆にこの変換はなくてもいいのかという気もす
> るのですが。

そもそもmatz's dlnってまだ必要なんでしょうか?

-- 
わたなべひろふみ