わたなべです。

nobu.nakada / nifty.ne.jp <nobu.nakada / nifty.ne.jp> writes:

> > -l$(RUBY_INSTALL_NAME)がつくのは--enable-sharedの場合なんだけど、
> 
> --enable-sharedでなければ、ext以下ではスタティックライブラリを
> 作るだけなので、元もと不要なのでは。

えっと、それはext/Setupをいじった時です。
--enable-sharedでないときはruby自体のsymbolをexportします。
-l$(RUBY_INSTALL_NAME)が必要ないのはその通りですが。
#といった意味では--enable-sharedのときは-rdynamicは必要ないか。

> > つまり(GCCかつ)GNU ldかつ--enable-sharedのときだけ
> > -z defsか--no-undefinedを追加するという方向で。
> 
> こういうオプションを受け付けるかどうかって、configureでチェック
> できないですかね。

configureでやるなら、実際に実行するくらいしか思いつかないけど、
そこまでやらなくてもという気はします。

とりあえずldがGNUかどうかのマクロは作っておこう。

-- 
わたなべひろふみ