小西 弘将です。

ruby-win32で、約1月半rubyのbcc32でコンパイルできるパッチセットを公開して
いたのですが、ようやく問題がないようになって来ました。

そこで、本体側にマージしても良いか、お伺いを立てたいのですが。

変更については全て、bcc32用のものは場合わけで処理をしています。
また、bcc32のみについては、新たにbcc32ディレクトリを作り、そこに収めまし
た。

プラットフォーム名については、
  RUBY_PLATFORM = bccwin32

制限事項については、お手本となったmswin32版とほぼ同等です。
コンパイル、make testのチェックは
  bccwin32 BCB6, BCC5.5.1 on WinXP Pro
  mswin32  VC++5.0        on WinXP Home
  linux    gcc            on Turbolinux7 WS
でしました。

最後に1点、マージして良いにしても、1.6.7の方もするべきなのでしょうか?

#〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
# 小西 弘将 ( KONISHI Hiromasa )
# konishih / fd6.so-net.ne.jp
#〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜