ふなばです。

現在の parsedate は、以前の版との互換性も考えつつ、いくつか、ありがち
なパターンを選んでありますが、結果的に、米国より、とみられる解釈になっ
ています。

欧州の方から、いくつかメールを貰っています。彼らは、そういう解釈に、や
や不満があるわけです (事情は、日本もだいたい同じですが、日本人からは、
あまり文句は出てないように思います)。

今のままで改善できるところもありますが、いくつかの形式は、なんらかの形
で、利用者が望ましい振舞いを教えてあげないことには、どうにもなりそうに
なりません。

  4 mars 02   \
  4 marzo 02   > ある程度はなんとかなりそう
  March 4, 02 /  (というか、この例は、現状でも大丈夫か)

  02/03/04 \
  04/03/02  > 区別がつかない
  03/04/02 /

実際のところ、英国でも、米国式日付が流通していたりするはずで、なにかひ
とつを選択する、ということにはならず、どのような解釈を優先すべきかを選
ぶことになると思います。要望を受けてはいませんが、月、曜日の名前や、文
字のエンコーディングの課題もあるでしょう (同じく、Date::strptime など
も対応を考えないといけないかも)。

一番最初に考えるべきは、本当に、今後、parsedate を拡張したほうがいいの
かどうかです。どこまですべきなのか、却って台無しにしてしまうことがない
とは限りません。

とりあえず、今度どうするのか、どうもしないのか、方針を明らかにしておけ
ば、対応もラクなので、方針を決めたいと思います。この件について、意見が
あれば、お願いします。