なかだです。

At Tue, 9 Apr 2002 10:12:46 +0900,
tadf / kt.rim.or.jp wrote:
> > しかし、さすがにそこまで遅くはなさそうなんですが。
> 
> なんでかなあ、と思って、Linux でも試してみました。Linux では、なかださ
> んの言うとおりのようです。Linux のほうがどこか (メモリ管理とか) 優れて
> いるのか、FreeBSD の出来が悪いのか。ともかく、Linux では問題ないが、
> FreeBSD ではやけに遅い、ということのようです (他の環境ではどうなのか)。

うーん、システム固有の癖? となると、ちょっとボトルネックが分か
らないなぁ。プロファイル取れるとありがたいんですが。

> ただ、FreeBSD でも、1.6 の String は遅いが、1.7 のほうは速い、というこ
> とがあるので (偶然ではなく、意識してやってると思う)、なにかの工夫で、
> 劇的に改善されそうな気がします。

rb_str_modify()の回数を減らすのとrb_str_cat()を使うようにしたと
ころ手元では30%弱くらい速くなったんですが、どうでしょうか。まだ
あまり劇的とはいえないかも知れませんが。


Index: ext/stringio/stringio.c =================================================================== RCS file: /cvs/ruby/src/ruby/ext/stringio/stringio.c,v retrieving revision 1.4 diff -u -2 -p -r1.4 stringio.c --- ext/stringio/stringio.c 2002/03/18 13:20:54 1.4 +++ ext/stringio/stringio.c 2002/04/09 02:17:55 @@ -126,5 +126,4 @@ check_modifiable(ptr) rb_raise(rb_eIOError, "not modifiable string"); } - rb_str_modify(ptr->string); } @@ -549,4 +548,5 @@ strio_ungetc(self, ch) (unsigned char)cc) { check_modifiable(ptr); + rb_str_modify(ptr->string); RSTRING(ptr->string)->ptr[ptr->pos] = cc; } @@ -741,8 +741,16 @@ strio_write(self, str) ptr->pos = RSTRING(ptr->string)->len; } - if (ptr->pos + len > RSTRING(ptr->string)->len) { - rb_str_resize(ptr->string, ptr->pos + len); + if (ptr->pos == RSTRING(ptr->string)->len) { + rb_str_cat(ptr->string, RSTRING(str)->ptr, len); } - rb_str_update(ptr->string, ptr->pos, len, str); + else { + if (ptr->pos + len > RSTRING(ptr->string)->len) { + rb_str_resize(ptr->string, ptr->pos + len); + } + else { + rb_str_modify(ptr->string); + } + rb_str_update(ptr->string, ptr->pos, len, str); + } ptr->pos += len; return LONG2NUM(len); @@ -768,4 +776,7 @@ strio_putc(self, ch) if (ptr->pos >= RSTRING(ptr->string)->len) { rb_str_resize(ptr->string, ptr->pos + 1); + } + else { + rb_str_modify(ptr->string); } RSTRING(ptr->string)->ptr[ptr->pos++] = c;
-- --- 僕の前にBugはない。 --- 僕の後ろにBugはできる。 中田 伸悦