わたなべです。

Yukihiro Matsumoto <matz / ruby-lang.org> writes:

:|Makefile.in, ext/extmk.rb.in, lib/mkmf.rbでCPPFLAGSに必ず
:|-I${prefix}/includeが入るようになってますが、これってなんのため
:|に必要なんでしょうか。なくてもいいような気がします。
:
:理由はあんまり覚えてないです。prefixを指定するようなケースで
:は ${prefix}/include を指定したほうがよいとなんとなく思った
:のでしょうか。忘却のかなた。

ruby-1.1b9_14で入りました。
ChangeLogにもその日のruby-dev MLにも触れられてないみたい。

:削りましょうか。

クロスの環境では致命的です。現在は--includedirして別なところ
を差すようにしてるけど、これも苦肉の策だし。

-- 
わたなべひろふみ