FreeBSD で --prefix つきで Ruby を install するときに、ext/iconv を使
うにはどうしたらいいんでしょうか?

/usr/local に install してある libiconv を使おうと思ったのですが、

% CPPFLAGS=-I/usr/local/include LDFLAGS='-L/usr/local/lib' ./configure --prefix=/home/akr/src/ruby  
...
% make
...
compiling iconv
gcc -fPIC -g -O2 -I/usr/home/akr/src/ruby/ruby -I/usr/home/akr/src/ruby/ruby -I/home/akr/src/ruby/include -DHAVE_ICONV_H -I/usr/local/include -c iconv.c
iconv.c: In function `iconv_try':
iconv.c:154: warning: passing arg 2 of `iconv' from incompatible pointer type
gcc -shared -Wl,-soname,iconv.so -L/usr/home/akr/src/ruby/ruby -L/home/akr/src/ruby/lib -o iconv.so iconv.o  -lc 
...

というように、iconv.so の生成時に -L/usr/local/lib がつかないため、

% make install
...
% ruby -vriconv -e 'p Iconv.iconv("ISO-2022-JP", "EUC-JP", "")' 
ruby 1.7.2 (2002-03-27) [i386-freebsd4.2]
/usr/libexec/ld-elf.so.1: /home/akr/src/ruby/lib/ruby/1.7/i386-freebsd4.2/iconv.so: Undefined symbol "iconv_open"

というように実行時に iconv_open が見つからないといわれてしまいます。
(手動で iconv.so を -L/usr/local/lib 付きで作りなおして install すれば動きます。)

ext の shared library の生成時に(configure に LDFLAGS として指定した)
-L/usr/local/lib をつけさせるにはどうしたらいいんでしょう?
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]
「ふえろ! わかめちゃん作戦です$(C⊇」(Little Worker, 桂遊生丸)