In article <20020307104729.CBD5561F / helium.ruby-lang.org>,
  "K.Kosako" <kosako / sofnec.co.jp> writes:

> 複製ということはひょっとして、前向き用と後ろ向き用の処理関数を
> それぞれ用意するということでしょうか?

はい。

> うーん、可能でしょうけど、今のマッチング関数は900行あるので躊躇します。

なるほど。ちょっと試してみるというわけにはいかないかも知れませんね。

cmix (C の partial evaluator) でも使えばいいのかも知れませんが... まぁ
普及していないツールに依存するのは良くないか。

> もし、そのようなことをする正規表現ライブラリが他にないのなら、
> やれば面白いだろうと思いますが。

そんなに広く調べたことがあるわけではありませんが、あまり柔軟なのは見た
覚えがありません。

re2c はある程度カスタマイズできますが、使ってみたところ柔軟性が足りな
かった覚えがあります。まぁ、re2c は普通の意味での regular expression
library ではなく flex みたいなツールですが。

> ismb(enc,c), mblen(enc,c)、文字のクラスを取得するマクロ等を
> Ruby M17Nの場合と、そうでない場合で切り替えられるだけです。
> 
> 21世紀にわざわざ作るような代物ではないような気もします。

うぅむ。

本当は、パターンを(Rite の)byte code にコンパイルするのがいいと思うん
です。そうすれば perl の (?{ code }) とかもある程度自然に扱えますし、
いつか JIT が実装されればその恩恵を受けることもできます。

もちろん、いますぐにはどうにもならないわけですが。
-- 
[田中 哲][たなか あきら][Tanaka Akira]
「ふえろ! わかめちゃん作戦です$(C⊇」(Little Worker, 桂遊生丸)