At Mon, 4 Mar 2002 12:55:09 +0900,
WATANABE Hirofumi wrote:
> 1.6.7は欠番にして、1.6.8のpreviewを出したほうがいいと思います。

 tarball の名前だけのバージョンとして、 1.6.7pl1 とか 1.6.7-2
というのもありかと思います。version.h を更新しておけばユーザは
分かりますし。

 十進数の世界に生きる我々にはあと 8 と 9 しかないので。。 ;)


 ただ、三つ目の数字("teeny")が一桁という制約は主にライブラリの
バージョンを生成する目的からでしたよね?とすれば、少し前の議論に
あったように、共有ライブラリ番号を Ruby のリリースバージョンと
独立にインターフェースの変更ベースで管理していけばこの制約は
外せると思うんですが、いかがでしょうか?

> それと1.6.7-preview2を出して1日で1.6.7がリリースじゃ、
> 早すぎてpreviewの意味があまりないです。

 私もそう思いました。週末テストしようと思っていたら金曜のうちに
出てしまってびっくり。

 FreeBSD ports は即刻更新してしまいましたが。 ;)

-- 
                     /
                    /__  __            Akinori.org / MUSHA.org
                   / )  )  ) )  /     FreeBSD.org / Ruby-lang.org
Akinori MUSHA aka / (_ /  ( (__(  @ iDaemons.org / and.or.jp

"Somewhere out of a memory.. of lighted streets on quiet nights.."