けいじゅ@日本ラショナルソフトウェアです.

In [ruby-dev :01480 ] the message: "[ruby-dev:1480] Re: -> operator
(Re: bound method) ", on Feb/18 14:50(JST) Yukihiro Matsumoto writes:

>まつもと ゆきひろです

>tk.rbの場合,tclに文字列化して渡さなければならないので,あん
>まり効率良くならないんです.

なるほど... でも, そのために導入しちゃったの...

>もっともです.広くアナウンスするのにためらっているのはその辺
>にあるわけです.だから使わないでね.

(^^;;;

>|>後は記号の問題だけですよねえ.foo$$barってのはちょっと直感的
>|>に分からないんではないかと思うんですが….
>|
>|うーん. だめかあ...
>|
>|というわけで, key->value をやめてしまうというのはどうでしょう?
>
>やめてもよいですけど,foo->methodがbound methodを表現してい
>ると言われても,foo$$method よりはマシかもしれませんが,それ
>ほど良いとも思えませんしねえ.

うーん. そうかあ... C++からのイメージだとぴったりなんだけど... という
のはうそか...

  &Bar::func

だし...

良く考えてみると, C++のメンバ関数へのポインタは私のいうところの
bound_methodなのね...

  Bar bar;
  T (Bar::*func)();
  func = &Bar::func
  bar.*func();

ですし...

>|  :&func
>|  obj:&func
>|  :*func
>|  obj:*func
>|
>|いまいち美しくないか...
>ええ,これなら「絶対に」採用しません.^^;;;

やっぱり...

とりあえず, 無理に考えるのはやめておきますか...
__
................................石塚 圭樹@日本ラショナルソフトェア...
----------------------------------->> e-mail: keiju / rational.com <<---