まつもと ゆきひろです

In message "[ruby-dev:1479] Re: -> operator (Re: bound method)"
    on 98/02/18, 石塚圭樹 <keiju / rational.com> writes:

|けいじゅ@日本ラショナルソフトウェアです.

|ところで,
|
|  {"bgcolor"=>"black", "border"=>5}
|
|であって
|
|  {:bgcolor=>"black", :border=>5}
|
|じゃないわけ? こっちの方が
|
|  {bgcolor->"black", border->5}
|
|のイメージに近いし, 効率も良いと思うんだけど...

tk.rbの場合,tclに文字列化して渡さなければならないので,あん
まり効率良くならないんです.

|それはともかく, いらないんじゃないかなあ... そういうのがあると
|
|  hash[bgcolor] = "black"
|
|とかもしたくなるし, キーは文字列(シンボル)に限るわけじゃないし... まあ, 
|キーがそうなっている可能性は高いんだけど...

もっともです.広くアナウンスするのにためらっているのはその辺
にあるわけです.だから使わないでね.

|>後は記号の問題だけですよねえ.foo$$barってのはちょっと直感的
|>に分からないんではないかと思うんですが….
|
|うーん. だめかあ...
|
|というわけで, key->value をやめてしまうというのはどうでしょう?

やめてもよいですけど,foo->methodがbound methodを表現してい
ると言われても,foo$$method よりはマシかもしれませんが,それ
ほど良いとも思えませんしねえ.

|  :&func
|  obj:&func
|  :*func
|  obj:*func
|
|いまいち美しくないか...

ええ,これなら「絶対に」採用しません.^^;;;

                                まつもと ゆきひろ /:|)