まつもと ゆきひろです

In message "[ruby-dev:1462] Re: bound method"
    on 98/02/16, 石塚圭樹 <keiju / Rational.Com> writes:
|けいじゅ@日本ラショナルソフトウェアです.

|>obj->foo
|>
|>というのはどうでしょう。
|
|私もこれが良いかなと思っていました. どうなんでしょう?

一応隠しオペレータとしての -> があるんで,ちょっと抵抗が….

|obj$foo
|obj$$foo
|
|そこで, みたいなのはどうでしょう? 
|# これもどっかで見た言語っぽいけど...

CLUかPL/Mみたいですねぇ.obj.method(:foo) と比べてすごく良い
と言うわけではないと思うんですが….

|>bound_methodの呼出しは
|>
|>  method.call(arg,...)
|>
|>にしようと思ってたんですが….
|
|まあ, その辺が妥当なんですかねえ.. もうちょっと簡略化できると嬉しいん
|ですが... やはり, オペレータ``()''が定義できるようにしてしまうっていう
|のは無理がある?

オペレータ () は C++ で痛い目にあったことがあるのでちょっと
嫌です.もっと痛い目にあったのは operator , の再定義でしたが….
Pythonのように callable object って考えもありえるとは思いま
すが,あれも元々メソッドがオブジェクトという言語向けの仕様だ
と思います.
                                まつもと ゆきひろ /:|)