まつもと ゆきひろです

In message "[ruby-dev:1387] Re: bound method"
    on 98/02/05, 石塚圭樹 <keiju / rational.com> writes:

|けいじゅ@日本ラショナルソフトウェアです.

|ともいつつ, 例を考えていたんですけど, したにあるbound_methodの例にもあ
|るように, unbound_methodも文法を拡張しない限り使い勝手はあまり良くない
|なと感じました.

というと,文法の拡張に提案が控えているわけなんでしょうか? ^^;;;

|そのようなクラスのメタ操作は, MFLとソースコードレベルでの操作を組み合
|わせる方が良いかも知れませんね.

そんな気がします.

|>        map(ary, obj.bound_method(:foo))
|>
|>        ary.each{|x|foo(x)}
|>
|>を表現できるという意味ではないでしょうか?
|># 実際に書くと全然簡単じゃないな
|
|でしょ. 使いやすくするには, もうちょっと文法でサポートする必要があるん
|じゃないですかね?

もうすでにRubyに文法にはあんまり拡張(とか変更)の余地は残って
ないかな,って印象があるんですけど(そのわりにはa?b:cとか検討
したりしてるけど),どんな感じのサポートがありえますかね.

                                まつもと ゆきひろ /:|)