高橋征義です。

Hiroshi IGARASHI <iga / ruby-lang.org>さん:
> > 一つ思ったのは、この手の指定はeditorと協調してほしいですよね。
> > 世の中のM17Nなeditorで、こういうpragmaっぽいものを使ってる
> > ものってあるんでしょうか?
> 
> Emacs(20以降でしたっけ?)だとファイル先頭に
> 
> -*-mode: C; coding: latin-1;-*-
> 
> と書いてencodingをファイル毎に指定できます。

むーん、先頭じゃなきゃだめなんですね。
# まあ当然か。

matz / ruby-lang.org (Yukihiro Matsumoto)さん:
> いがらしさんの言う通り
> 
>   -*-mode: C; coding: latin-1;-*-
> 
> ですかねえ。#! line にそういうのを置くのを考えてるインタプリ
> タを見たことあります。

それもなんだかすごいですね……。スクリプトのファイルに
書く分にはともかく、コマンドラインからの指定には
いまいち使いたくない書式かと。


ところで、「pragma」というのは、構文木を作る前にencodingの
情報を得るための仕組み、ということですよね。実行時に普通の
実行文(メソッド)として、StringとIOのデフォルトのencodingを
ファイルのスコープで指定するようなことは難しいんでしょうか?

高橋征義 (TAKAHASHI Masayoshi)   E-mail: maki / open-news.com