まつもと ゆきひろです

In message "[ruby-dev:13602] Re: Parallel Assignment"
    on 01/06/15, Shin-ichiro HARA <sinara / blade.nagaokaut.ac.jp> writes:

|結局、[]やメソッド引数の中での展開と=の右辺での展開が同じように
|見えるという点で田中-原式は利点があり、,*r のrの変化による自然さ
|でmatz式に利点がある、とまとめられますか。

ですね。Proc#callと r1, *r2 の挙動を揃えられない(Proc#callに
は展開後の配列が渡るため区別できない)というのがmatz案の欠点
でしょうか。

田中さんの[ruby-dev:13598]での考察をベースにもういちど考え直
します。考え直すたびにファクターが増えて、脳の容量が足りない
んですけど。もうちょっとキャパシティの大きな脳だったらよかっ
たな。

							matz.