安達@沖データです。

[ruby-dev:12497]にてまつもと ゆきひろさんが、
> In message "[ruby-dev:12493] Re: bignum % の結果が負数になることがある"
>     on 01/03/15, Takahiro Kambe <taca / sky.yamashina.kyoto.jp> writes:
> 
> |[ruby-dev:12487]にて書きましたが、毎日patchは必要ありません。
> |理想的には重大なバグ修正を含んだ形で出てくれれば良いですが、そうでなけ
> |れば1ヶ月以上の間隔で十分です。
> 
> うーん、あまり間隔が広いと肝心のバグが修正されているかどうか
> の保証がありませんよねえ。やはり人手をかける必要があるんでしょ
> うか? できれば自動運用したいんですよねえ。

リリース物件としては、このようなものがありそうです。

現状:
・リリース版
・安定版snapshot
・最新版snapshot

それに加えて:
(1) リリース版→各安定版snapshotへのpatch(1〜N)
(2) 各安定版snapshotの差分patch(1〜N)
(3) リリース版→最新版snapshotへのpatch(一週間ごとのパッチ1〜N)
(4) 安定版→最新版snapshotへのpatch(一週間ごとのパッチ1〜N)

Takahiro Kambeさんの話を聞いていると、パッケージ化の話に関しては、(1)
または(2)だけで十分なような気がします。また、個人的にも毎日snapshotは
追っかけていませんので、(3), (4)は不要です。

個人的には、安定版snapshotの新しいのがリリースされているかどうかが、ダ
ウンロードしてみないとわからないことが不満です。日付とMD5ハッシュ値を、
Webページに載せていただけるとありがたいですが。
--
*------*				adachi / okidata.co.jp
|人∧鷲|				沖データ ソフトウェア開発2部
| <女> |				安達 淳
|牛∨獅|
*------*