At Wed, 27 Dec 2000 01:19:28 +0900,
WATANABE Hirofumi wrote:
> snapshot.tar.gz には configure はすでに入ってます.

 そうでしたね。

> 結局書いても ruby-bugs に報告する人は出てくると思うので,
> わたしもあきらめました.

 あきらめる前に書いた方がいいです。今 README には autoconf
なんて一言も書いてないわけですから、質問が来てもある部分しかたが
ないです。

 逆に書いてあるのに報告が来たならば、何度でも「何でキミは文書
読まないの」 (RTFM!) と言ってあげればいいことです。

> configure は含めることにして別の解決方法を考えたほうがよさそ
> うです.

 文書に書く、というのは立派な解決策だと思いますよ。


 添付のパッチでいかがでしょうか。

# commit は新しいレポジトリでなく元のレポジトリを復活させて
# その上にしてほしい。。CVS/CVSup の文書は今がんばって書き
# 上げます。

-- 
                     /
                    /__  __            Akinori.org / MUSHA.org
                   / )  )  ) )  /     FreeBSD.org / Ruby-lang.org
Akinori MUSHA aka / (_ /  ( (__(  @ iDaemons.org / and.or.jp

"We're only at home when we're on the run, on the wing, on the fly"

--- README.orig	2000/12/25 07:55:01
+++ README	2000/12/26 16:38:08
@@ -46,11 +46,14 @@
 
 This is what you need to do to compile and install Ruby:
 
-  1. Run ./configure, which will generate config.h and Makefile.
+  1. If ./configure does not exist or is older than configure.in,
+     run autoconf to (re)generate configure.
 
-  2. Edit defines.h if you need.  Probably this step will not need.
+  2. Run ./configure, which will generate config.h and Makefile.
 
-  3. Remove comment mark(#) before the module names from ext/Setup (or
+  3. Edit defines.h if you need.  Probably this step will not need.
+
+  4. Remove comment mark(#) before the module names from ext/Setup (or
      add module names if not present), if you want to link modules
      statically.
 
@@ -59,13 +62,13 @@
      remove comment mark from the line "#option nodynamic" in
      ext/Setup.
 
-  4. Run make.
+  5. Run make.
 
-  5. Optionally, run 'make test' to check whether the compiled Ruby
+  6. Optionally, run 'make test' to check whether the compiled Ruby
      interpreter works well.  If you see the message "test succeeded",
      your ruby works as it should (hopefully).
 
-  6. Run 'make install'
+  7. Run 'make install'
 
      You may have to be a super user to install ruby.
 
--- README.jp.orig	2000/12/25 07:55:01
+++ README.jp	2000/12/26 16:40:57
@@ -78,13 +78,17 @@
 
 以下の手順で行ってください.
 
-  1. configureを実行してMakefileなどを生成する
+  1. もしconfigureファイルが見つからない、もしくは
+     configure.inより古いようなら、autoconfを実行して
+     新しくconfigureを生成する
 
-  2. (必要ならば)defines.hを編集する
+  2. configureを実行してMakefileなどを生成する
 
+  3. (必要ならば)defines.hを編集する
+
      多分,必要無いと思います.
 
-  3. (必要ならば)ext/Setupに静的にリンクする拡張モジュールを
+  4. (必要ならば)ext/Setupに静的にリンクする拡張モジュールを
      指定する
 
      ext/Setupに記述したモジュールは静的にリンクされます.
@@ -95,14 +99,14 @@
      拡張モジュールを利用するためには,あらかじめ静的にリン
      クしておく必要があります.
 
-  4. makeを実行してコンパイルする
+  5. makeを実行してコンパイルする
 
-  5. make testでテストを行う.
+  6. make testでテストを行う.
 
      「test succeeded」と表示されれば成功です.ただしテスト
      に成功しても完璧だと保証されている訳ではありません.
 
-  6. make install
+  7. make install
 
      rootで作業する必要があるかもしれません.