高橋征義です。

matz / zetabits.com (Yukihiro Matsumoto)さん:
> |後者のアイデアはどことなくUTF-2000の思想を彷彿とさせますね。
> |内部表現に依存しないAPI、というところとか。
> 
> UTF-2000ってそんなのなんですか? 守岡さんにヒアリングしにい
> かねばならんかな。

・g新部さんによる? UTF-2000 Announcement
http://turnbull.sk.tsukuba.ac.jp/Tools/XEmacs/utf-2000.html

・守岡さんによる「次世代多言語処理系のモデルおよび実装の開発」
http://cvs.m17n.org/UTF-2000/plan.ja/

あたりが参考になるでしょうか。

UTF-2000は「文字」を基本単位にして、現在普通に扱えるもの以上の
意味を扱えるようにする、射程の広い(それだけ大変な)プロジェクト
だと理解しています。
一方、Ruby 2.xは「文字列」を基本単位にし、現在普通に扱える機能と
同程度の処理を、codepointに依存しない形で提供する計画であると
思っているのですが、あってます?

> えーと、速度的な要因については
> 
>   * 入出力時に文字コード系の変換がないぶん、速い
>
>   * マルチバイト文字対応の場合、UTF-8決め打ちより速くはなら
>     ないだろうが、遅くもならないようにはできるんじゃないか
> 
> と見積もってます。甘すぎかな?

どうなんでしょう。『宝石たちの語らい』の関数ポインタの話を読んで、
「そっかー、関数ポインタの最適化はいまいちなのね」と思ってしまった
私なのでした。

> |あるいは、「どうせもうすぐ世の中みんなUnicodeになるから、
> |(c)はさして問題ではない」という人はいるかもしれませんけど、
> |それはちょっと嫌すぎる……。
> 
> その嫌さ加減をもうちょっとアピールしないと、特に外人から「な
> んでわざわざそんなことするの」と言われそうなんですよねえ。

日本人にも言われそうですしねえ。

> |# 『びっくり!  君の教科書もUnicode』というか(謎)
> 
> えと、ゴレンジャー?

えええっと、似たようなものです……たぶん。
# 「DAICON FILM」ってご存知ですか?

高橋征義 (TAKAHASHI Masayoshi)       Email:maki / inac.co.jp
「DAICON FILM 教科書」で検索をかけると見つかるらしい。