能條といいます.

今の時点での cvs では...

 1. cygwin 版では特に問題ない
 2. mswin32 版のバージョン情報の InternalName と OriginalFilename は間違ったまま
 3. mswin32 版で,ruby.exe と ruby.dll にしたとき .rc ファイルの名前がぶつかってしまう

ということですね.

今回の [ruby-dev:10602] パッチを適用すると,2. と 3. の問題が解消するので,
適用するのが望ましいと思います.


実際にこのパッチ適用後,cygwin 版をコンパイルしてみましたが,
問題なかったです.
また,( 久しぶりに ) mswin32 版も,このパッチと,
[ruby-dev:10601] のパッチを適用後,コンパイルしてみましたが,
上記の 2. と 3. の問題が解消されているのを確認しました.

Katsuyuki Komatsu さんは書きました:
>小松です。
>
>cygwinとmswin32のdllで、バージョン情報のInternalNameとOriginalFilenameが
>おかしくなる件ですが、[ruby-dev:10561]だとcygwinの方はよいのですが、
>mswin32が直りません。
>
>また、[ruby-dev:10566]のようにruby.exeとruby.dllにしたとき.rcの名前が
>重ならないようにするために[ruby-dev:10555]のcygwin/GNUmakefile.inと
>win32/resource.rbの方を採用して欲しいです。
>
>[ruby-dev:10555]のwin32/resource.rbなら、mswin32の方も直ります。
>
>今のcvsのバージョンだと、[ruby-dev:10561]が当たっているので、
>パッチを作り直しました。
>
>こちらでどうでしょうか?>能條さん

----
Satoshi Nojo
mailto:nojo / t-samukawa.or.jp
 or s_nojo / geocities.co.jp
# パッチを作り直していただいたので,助かってます.