Issue #14260 has been updated by nagachika (Tomoyuki Chikanaga).

Backport changed from 2.3: UNKNOWN, 2.4: UNKNOWN, 2.5: UNKNOWN to 2.3: DONTNEED, 2.4: DONTNEED, 2.5: REQUIRED

問題の bit field は r59358 で(2017-07-18)導入されていたものなので 2.5 のみ REQUIRED にしておきます。

----------------------------------------
Bug #14260: test failure related with proc arity on 32-bit environment (e.g. Solaris 10 with 32-bit compile)
https://bugs.ruby-lang.org/issues/14260#change-69110

* Author: ngoto (Naohisa Goto)
* Status: Closed
* Priority: Normal
* Assignee: 
* Target version: 
* ruby -v: 
* Backport: 2.3: DONTNEED, 2.4: DONTNEED, 2.5: REQUIRED
----------------------------------------
おそらく r59358 以降、sparc の Solaris 10 上の Oracle Developer Studio (Oracle Solaris Studio) 12.x にて 32ビットでコンパイルした際、
make test-all にて以下のような failure が出るようになりました。
(以下は r61515 での結果)

~~~
  1) Failure:
TestLazyEnumerator#test_each_cons_limit [/XXXXX/test/ruby/test_lazy_enumerator.rb:548]:
<[[1, 2], [2, 3]]> expected but was
<[[2, 3], [2, 3]]>.

  2) Failure:
TestProc#test_bound_parameters [/XXXXX/test/ruby/test_proc.rb:1184]:
<[[:rest]]> expected but was
<[]>.

  3) Failure:
TestEnumerator#test_cons [/XXXXX/test/ruby/test_enumerator.rb:118]:
<[[1, 2, 3],
 [2, 3, 4],
 [3, 4, 5],
 [4, 5, 6],
 [5, 6, 7],
 [6, 7, 8],
 [7, 8, 9],
 [8, 9, 10]]> expected but was
<[[8, 9, 10],
 [8, 9, 10],
 [8, 9, 10],
 [8, 9, 10],
 [8, 9, 10],
 [8, 9, 10],
 [8, 9, 10],
 [8, 9, 10]]>.

  4) Failure:
TestEnumerator#test_slice [/XXXXX/test/ruby/test_enumerator.rb:113]:
<[[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9], [10]]> expected but was
<[[10], [10], [10], [10]]>.

(中略)

  6) Failure:
TestProc#test_arity2 [/XXXXX/test/ruby/test_proc.rb:439]:
<-1> expected but was
<0>.

  7) Failure:
TestLazyEnumerator#test_each_slice_limit [/XXXXX/test/ruby/test_lazy_enumerator.rb:554]:
<[[1, 2], [3, 4]]> expected but was
<[[3, 4], [3, 4]]>.

(後略)
~~~

結論から言うと以下のパッチで治りました。

ビットフィールドのデフォルトは unsigned int というのがCの規格にて定められていますが、
max に -1 (マクロ UNLIMITED_ARGUMENTS の値)が代入される場合があり、
これが unsigned int : 16 では 65535 が代入されたのと同じビット列になり、
それを再度 signed int に戻す際に、そのまま 65535 が戻され、つまり意図しない値に化けてしまい、
(ここらへんの処理は、Cの規格ではおそらく処理系依存とされていると思います)
arityを UNLIMITED_ARGUMENTS や 0 と比較する判定結果が異常になり、
上記のFailureが発生したようです。

なお、64ビットでコンパイルすると `#else` 以下の `int min, max;` が使われ、ビットフィールドではなくなるため、このFailreは発生しません。
また、gcc では 16 ビットのまま符号ありの -1 にしてから戻してくれる(場合もある?)ようで、(大部分の?)Failureは発生しないようです(が一部おかしい部分があったっぽい?)。

~~~
--- internal.h  (revision 61515)                                                
+++ internal.h  (working copy)                                                  
@@ -912,12 +912,12 @@
 
 /* IFUNC (Internal FUNCtion) */
 
 struct vm_ifunc_argc {
 #if SIZEOF_INT * 2 > SIZEOF_VALUE
-    int min: (SIZEOF_VALUE * CHAR_BIT) / 2;
-    int max: (SIZEOF_VALUE * CHAR_BIT) / 2;
+    signed int min: (SIZEOF_VALUE * CHAR_BIT) / 2;
+    signed int max: (SIZEOF_VALUE * CHAR_BIT) / 2;
 #else
     int min, max;
 #endif
 };
 
~~~

今回、Failureが発生したのは Solaris だけですが、全ての32ビット環境にて潜在的に問題が発生する可能性があるコードだったと言えます。

そして、ビットフィールドでメモリを節約している箇所は他にも複数あると思いますが、unsigned int 扱いで確かに正しいか、負の値を意図せず代入していないか、念のため総点検する必要があるかもしれないと思いました。




-- 
https://bugs.ruby-lang.org/

Unsubscribe: <mailto:ruby-core-request / ruby-lang.org?subject=unsubscribe>
<http://lists.ruby-lang.org/cgi-bin/mailman/options/ruby-core>