--0016e6470bdc1eb1df0475516933
Content-Type: text/plain; charset=ISO-8859-1

No, but it looks with that I could actually get some.  Thanks.

On Tue, Oct 6, 2009 at 10:08 PM, Nobuyoshi Nakada <nobu / ruby-lang.org>wrote:

> Hi,
>
> At Wed, 7 Oct 2009 12:11:57 +0900,
> > That's fine, but 99.9% of Ruby programs out there don't use it and it
> > impacts performance, so isn't making it an on-by-default configurable
> option
> > a good idea?
>
> Do you have exact data?
>
>
> Index: configure.in
> > --- configure.in        (revision 25254)
> +++ configure.in        (working copy)
> @@ -2131,4 +2131,11 @@ esac
>  AC_SUBST(INSTALLDOC)
>
> +AC_ARG_ENABLE(taintness-checking,
> +       AS_HELP_STRING([--disable-taintness-checking], [do not check
> taintness]),
> +       [taintness_checkingンャ ロ゜ンゥ
セ ォ  、゜  サ 
セ ォ    チテ゜トナニノホナィメユツル゜トノモチツフナ゜ヤチノホヤホナモモゥ
セ ォ
セ ォ
セ    「、゜゜「  「サ 
セ     ヤネメナチト゜ヘマトナフ
セ ノコ ッッョ
セ セ ュュュ ッッョ ィ イオイオエゥ
セ ォォォ ッッョ ィ ゥ
セ タタ ュオアウャク ォオアウャアエ タタ ヨチフユナ ゜イィモノヌホナト゜ヨチフユナゥサ
セ  ヨチフユナ ゜ィゥサ
セ  」 ホナラマツハィャゥ  ェ  ェゥ゜ィゥ
セ ォ」 メユツル゜トノモチツフナ゜ヤチノホヤホナモモ
セ ォ」 ヤチノホヤ゜ノニ゜ユホモチニナィャ ゥ ワ
セ ォ     ィ゜゜ィゥ セ ゥ ニプモナヤィャ ニプヤチノホヤ  ニプユホヤメユモヤナトゥ
セ ォ」
セ ォ」 ヤチノホヤ゜ノニ゜ユホモチニナィャ ゥ ィゥー
セ ォ」
セ  」 マツハモナヤユミィャャゥ  ワ
セ     メツチモノティゥュセ  ゥサワ
セ     メツチモノティゥュセ  ゥサワ
セ ュ     ィ゜゜ィゥ セ ゥ ニプモナヤィャ ニプヤチノホヤ  ニプユホヤメユモヤナトゥサワ
セ ォ    ヤチノホヤ゜ノニ゜ユホモチニナィウャ ゥサワ
セ    ィーゥ
セ  」 テフマホナモナヤユミィャゥ  ワ
セ タタ ュクケアャエ ォクケキャアア タタ  メツ 
セ  」 ニプメナヨナメモナィャゥ   ィニプチツフナィゥゥ メツチモノティゥュセ ゛ ゥサ
セ  ィーゥ
セ
セ ォ」 メユツル゜トノモチツフナ゜ヤチノホヤホナモモ
セ ォ」 マツパヤチノホヤナトィゥ ー
セ ォ」 マツパヤチノホヤィゥ  ィゥィゥサ  ィーゥ
セ ォ」 マツパユホヤメユモヤナトィゥ ー
セ ォ」 マツパユホヤメユモヤィゥ  ィゥィゥサ  ィーゥ
セ ォ」 マツパノホニナテヤィャゥ  ィゥィゥサィゥィゥサ  ィーゥ
セ ォ」
セ  」 マツパヤチノホヤナトィゥ ィ。。ニプヤナモヤィィゥャ ニプヤチノホヤゥゥ
セ  」 マツパヤチノホヤィゥ ニプモナヤィィゥャ ニプヤチノホヤゥ
セ タタ ュクケカャエ ォケーケャオ タタ  メツ 
セ  」 マツパユホヤメユモヤィゥ ニプモナヤィィゥャ ニプユホヤメユモヤナトゥ
セ  」 マツパノホニナテヤィャゥ   ィニプチツフナィゥ ヲヲ ニプチツフナィゥゥ メツチモノティゥュセ
セ  ツチモノティゥュセ ヲ ィニプヤチノホヤ  ニプユホヤメユモヤナトゥサ  ィーゥ
セ ォ」
セ
セ  」 マツパニメマレナホィゥ ィ。。ニプヤナモヤィィゥャ ニプニメナナレナゥゥ
セ
セ
セ ュュ
セ ホ ホ
セ
セ


ュュ 
ヤ チ
ヘッホ

ュューーアカカエキーアアーエキオオアカケウウ
テュヤコ ッサ スノモマュククオケュア
テュヤュナコ ュ

ホャ      ノ    ョヤョシセシセシ ス「゜「セマ ヤャ マ カャ イーーケ  アーコーク ミヘャ ホ ホ シ ス「「セヲサシ ス「コタュョ「セタュョシッセヲサシッセ コシセ
シ ス「゜「 ス「ュコ ア  ィイーエャ イーエャ イーエゥサ コ ー ー ー ーョクサ ュコ アサ「セネャシセ
シセ
チ ラャ キ マ イーーケ アイコアアコオキ ォーケーーャシセ
シ ス「「セヲサ ヤヲ」ウケサ ャ  ケケョケ・  メ    ヲ」ウケサ    シセ
ヲサ  ャ  ヲ」ウケサ    ュュ  シセ
ヲサ   ソシセ
シセ
シッセト    ソシセ
シセ
シセ
ノコ シ ス「コッッョ「 ス「゜「セョシッセシセ
スススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススシセ
ュュュ シ ス「コッッョ「 ス「゜「セョシッセ  イオイオエゥシセ
ォォォ シ ス「コッッョ「 ス「゜「セョシッセ  ゥシセ
タタ ュイアウアャエ ォイアウアャアア タタ シセ
 船董モユツモヤィノホモヤチフフトマテゥシエ
シセ
ォチテ゜チメヌ゜ナホチツフナィュャシセ
ォ チモ゜ネナフミ゜モヤメノホヌィロュュュュンャ ロ   ンゥャシセ
ォ ロ゜ス、ンャ ロ゜スンゥシセ
ォ  、゜ ス サ シセ
ォ  船董トナニノホナィメユツル゜トノモチツフナ゜ヤチノホヤホナモモゥシエ
ォシセ
ォシセ
   ヲサ、゜゜ヲサ ス ヲサヲササ シセ
 ヤネメナチト゜ヘマトナフスシセ
ノコ ッッョシセ
スススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススススシセ
ュュュ ッッョ ィ イオイオエゥシセ
ォォォ ッッョ ィ ゥシセ
タタ ュオアウャク ォオアウャアエ タタ ヨチフユナ ゜イィモノヌホナト゜ヨチフユナゥサシセ
 屮船侫罐 ゜ィゥサシセ
 ホナラマツハィャゥ  ェ ス ィェゥ゜ィゥシセ
ォ」 メユツル゜トノモチツフナ゜ヤチノホヤホナモモシセ
ォ」 ヤチノホヤ゜ノニ゜ユホモチニナィャ ゥ ワシセ
ォ   ィ゜゜ィゥ ヲサス ゥ ニプモナヤィャ ニプヤチノホヤ  ニプユホヤメユモヤナトゥシセ
ォ」シセ
ォ」 ヤチノホヤ゜ノニ゜ユホモチニナィャ ゥ ィゥーシセ
ォ」シセ
 マツハモナヤユミィャャゥ  ワシセ
 メツチモノティゥュヲサ ス ィゥサワシセ
 メツチモノティゥュヲサ ス ィゥサワシセ
ュ   ィ゜゜ィゥ ヲサス ウゥ ニプモナヤィャ ニプヤチノホヤ  ニプユホヤメユモヤナトゥサワシセ
ォ  團船離曠筺ノニ゜ユホモチニナィウエ ゥサワシセ
   ィーゥシセ
 テフマホナモナヤユミィャゥ  ワシセ
タタ ュクケアャエ ォクケキャアア タタ  メツ シセ
 ニプメナヨナメモナィャゥ   ィニプチツフナィゥゥ メツチモノティゥュヲサ ゛ス ィゥサ  ィーゥシセ
シセ
ォ」 メユツル゜トノモチツフナ゜ヤチノホヤホナモモシセ
ォ」 マツパヤチノホヤナトィゥ ーシセ
ォ」 マツパヤチノホヤィゥ  ィゥィゥサ  ィーゥシセ
ォ」 マツパユホヤメユモヤナトィゥ ーシセ
ォ」 マツパユホヤメユモヤィゥ  ィゥィゥサ  ィーゥシセ
ォ」 マツパノホニナテヤィャゥ  ィゥィゥサィゥィゥサ  ィーゥシセ
ォ」シセ
 マツパヤチノホヤナトィゥ ィ。。ニプヤナモヤィィゥャ ニプヤチノホヤゥゥシセ
 マツパヤチノホヤィゥ ニプモナヤィィゥャ ニプヤチノホヤゥシセ
タタ ュクケカャエ ォケーケャオ タタ  メツ シセ
 マツパユホヤメユモヤィゥ ニプモナヤィィゥャ ニプユホヤメユモヤナトゥシセ
 マツパノホニナテヤィャゥ   ィニプチツフナィゥ ヲサヲサ ニプチツフナィゥゥ メツチモノティゥュヲサ ス メツチモノティゥュヲサ ヲサ ィニプヤチノホヤ  ニプユホヤメユモヤナトゥサ  ィーゥシセ
ォ」シセ
シセ
 マツパニメマレナホィゥ ィ。。ニプヤナモヤィィゥャ ニプニメナナレナゥゥシセ
シ ス「」クククククク「セシセ
シセ
ュュシセ
ホ ホシセ
シセ
シッセシッセシッセシセシ ス「「セシセュュ シセヤ チシセヘッホシセ

ュューーアカカエキーアアーエキオオアカケウウュュ