豊福です。

早川さん
> tailn n xs | length xs <= n = xs
>            | otherwise      = tailn n (tail xs)

  xs が確定していなくても「length xs <= n」をある程度計算
できるんでしたっけ。

  差分リストですが tail側を unify できるのが差分リストの本質な
のかもしれません。前のメールに書いた方法を差分リストを使って
と書いたのはおこがましかったかも。
---
                        豊福
                        ttoyofukujp / yahoo.co.jp

__________________________________________________
Do You Yahoo!?
Yahoo! BB is Broadband by Yahoo!  http://bb.yahoo.co.jp/


--
ML: haskell-jp / quickml.com
使い方: http://QuickML.com/